ぴよぴよ

ニワトリorチキン

公園

東京に住んでいたとき、悶々と考え事をしていて外の空気に触れたくなったときや、ふらっと散歩したいときなどはよく公園に行っていた。メジャーな公園ばかりであるが、いくつか印象に残っている公園を紹介する(ちなみに私のお気に入りは、家から近かった小石川植物園と海が見たいときに通った葛西臨海公園である)。私は昔、都市と緑地に関する講義を受けたことがあり、基本的に都市の中に公園があるのは賛成である。公園のいいところは、日常の軋轢とか悩みとか生き辛さとかがどうでもよくなって、のんびりと弛緩できる(同様にリラックスする人を見ることができる)点であると思う。

 

六義園

駒込駅から歩いてすぐのところにある。入場料はいくらかかかったが、無料の日もあったかもしれない。またどちらかというと公園というよりは、庭園の部類に入るのかもしれない。真ん中に池があって、まわりをゆっくりと一周しても1時間もかからず、散歩にはちょうどよい。

 

・上野公園

上野駅すぐそばで、上野恩賜公園と正式にはいうらしい。公園自体は広くて、西郷さんの像もあるし、近くには芸大や美術館・博物館もある。 個人的には、不忍池のハスの花が咲いた景色は、この世の終わりを想起させられる。

 

  

小石川植物園

白山と茗荷谷の間くらいにちょうど谷間に落ち込んだ位置にある。東京大学の付属施設で、たまに温室の公開をやっていたように記憶している。私は植物の種類に詳しくないので、普通の公園と大差ないように感じてしまうのが残念だが、目立たないながらいろんな木が植えられていたはずである。個人的には園内に程よく勾配があって散歩にはうってつけである。

 

・代々木公園

原宿駅そばに位置する。周りのごちゃごちゃした都会の雰囲気の中に、突然広大なスペースを占める公園があって、オアシス的な憩いの場所となっている。最近のマラソンブームの影響もあってか走っている人や、お金を持ってそうなご婦人が犬の散歩をさせているのを目にした。東京オリンピックの選手村跡地であることは知らなかった。

  

井の頭公園

吉祥寺駅からすぐに位置する。三鷹の森ジブリ美術館が近くにある。個人的には水路の印象が強く、玉川上水をたどって歩いたこともあったと記憶している。街の中を水路が流れることの魅力をどう表現したらよいのだろう。

  

葛西臨海公園

京葉線葛西臨海公園からすぐに位置する。話はそれるが、東京駅の京葉線乗り換えは遠くに位置しており一駅分くらい歩かされる。水族園も公園内にあって、休みの日は非常に家族連れが多い。 公園自体は無料で開放されている。駅からまっすぐ展望広場へ緩やかな坂を上っていき、展望レストハウスから海側へまた緩やかな坂を下りていくときの視界に広がる芝生と海、陽の差込加減がよい(海といっても東京湾だけど)。